1. 分譲・提供にあたっての同意事項

国立研究開発法人国立環境研究所微生物系統保存施設(以下、「微生物系統保存施設」という。)と依頼者は、微生物系統保存施設から分譲を受けた培養株及び培地等の利用にあたり、次の事項に同意する。

第1 定義

  1. 「培養株」とは、微生物系統保存施設から分譲された微生物株、「培養株等」とは、微生物系統保存施設から分譲された微生物株、それを継代・増殖させたもの及び派生物(何らかの改変物及び微生物株のDNAを含む。)をいう。
  2. 「培地等」とは、微生物系統保存施設から提供を受けた培地及びメタル溶液をいう。
  3. 培養株と培地等を合わせて「提供物」という。
  4. 「依頼者」とは、培養株及び培地等を利用する機関の代表者又は研究責任者をいう。

第2 培養株の分譲及び培地等の提供

  1. 培養株の分譲や培地等の提供を希望する場合、依頼者は、微生物株分譲・培地提供依頼書兼同意書を提出しなければならない。
  2. 依頼者は、培養株の分譲や培地等の提供を依頼した場合、微生物系統保存施設が指定する費用を支払わなければならない。
  3. 培養株の分譲及び培地等の提供は、微生物系統保存施設が定める所定の方法にて行われるが、依頼者において特段の要望がある場合には、当該要望に応じて両者協議するものとする。

第3 提供物の利用

  1. 依頼者は、微生物系統保存施設から分譲された提供物を非営利の教育、試験、研究及びその他の微生物系統保存施設が認めた目的で、公共の安全が保証される場合のみに使用すること。
  2. 依頼者は、提供物を人に直接使用しないこと。
  3. 依頼者は、培養株等が有毒株(表現型として出ていない潜在的な場合も含む。)の場合、有毒物質を生産する若しくはその可能性があること、また培養株等が有毒株と明記されていない場合でも、潜在的な危険性があることを認識し、使用中の管理に責任を持ち、使用後は培養株をオートクレーブ等で死滅させ、派生物については適切に処理しなければならない。
  4. 依頼者は、培地等は、培養の目的のみに利用すること。
  5. 依頼者は、本合意によって依頼者に与えられる使用の権利の他、培養株等に関する所有権、特許権、著作権、商標権及び名古屋議定書締結国の遺伝資源に関する権利等の一切の権利が、分譲によって依頼者へ与えられるものではないことに同意した上で利用しなければならない。
  6. 依頼者が分譲時に本同意書に記載した使用目的から異なる目的に使用する場合、依頼者はその旨を微生物系統保存施設に連絡し、微生物系統保存施設の書面による許諾を得なければならない。
  7. 依頼者は、分譲された提供物を第三者に利用させてはならず、また再分譲、提供又は販売することもできない。ただし、本依頼書に記載された研究目的の範囲内で、依頼者と第三者との間で実施する共同研究に利用することができる。この場合において、第三者について、微生物系統保存施設に事前に通知しなければならない。また、依頼者は、第三者の利用が終了した時点で培養株等を廃棄させなければならない。この他、微生物系統保存施設が特別に認めた場合には第三者の利用が可能な場合がある。
  8. 依頼者は、提供物を利用した成果を発表する場合、微生物系統保存施設の株番号(例:NIES-123)を記し、微生物系統保存施設に保存されている株であることを明記しなければならない。
  9. 依頼者は、提供物を利用した成果を発表した場合、論文のPDFファイルを微生物系統保存施設に送付しなければならない。
  10. 依頼者は、提供物の使用が第三者の権利を侵害していた場合、自らの責任によって対処しなければならない。この場合において、微生物系統保存施設は一切の責任を負わない。
  11. 依頼者が本同意書に違反したとき、微生物系統保存施設は分譲された培養株や培地等の利用を停止させることができる。
  12. 依頼者は、提供物が、欠点、危険な特性、不具合等を有している可能性があること、また特定の目的に合致しているとは限らないことを認識し、提供物の利用によって人的・物的損害が生じた場合は、自らの責任で対処しなければならない。この場合において、微生物系統保存施設は一切の責任を負わない。
  13. 依頼者は、培養株を受領後1週間以内に受領報告書を微生物系統保存施設に提出しなければならない。ただし、輸送中の環境条件の変化などにより、細胞の状態が悪い若しくは細胞が死滅したことを受領報告書の提出によって申し出た場合、依頼者は、微生物系統保存施設に無償で再分譲を要求することができる。微生物系統保存施設はその期間内であっても、依頼者の過失に対しての責任は負わない。

第4 協議

  1. 本同意書に定めのない事項及び本同意書の解釈に疑義を生じた場合、双方が誠実に協議しなければならない。

以上により、微生物株分譲・培地提供依頼書兼同意書を2通作成し、微生物系統保存施設及び依頼者がそれぞれ1通を所持する。

2. 株及び培地の注文方法

2-1. 株及び培地の注文

初めて株の分譲を依頼される方は、分譲依頼時に「微生物株分譲・培地提供依頼書兼同意書(以下、同意書という。)」と一緒に 「利用者確認シート」( PDFWord) を提出ください(所属機関が変わった場合は、再度ご提出ください)。

オンライン注文方法

1. 株及び培地の確認・注文ボタンで注文

2. 注文内容の確認

3. 依頼者情報の入力

4. 「同意書」の確認と注文内容の送信

5. 「同意書」の印刷と送付

1. 株及び培地の確認・注文ボタンで注文

image
1.1
注文したい株を
[株リスト・アルファベット順]
[株リスト・分類群別]
[株の検索]
から探します。

*NIES株番号(青字)をクリックすると、株の詳しい情報が表示されます。株情報に掲載されていない情報(細胞の色や密度等)の提供が必要な場合、個別に当施設までお問い合わせください。

*培養については培養法 培養株取り扱いについて(初心者用) を参照ください。


注文したい培地及びメタル溶液を
[提供培地の検索]から探します。

*培地及びメタル溶液の組成は、培地名(青字)をクリックしてご確認ください。

1.2
注文したい株・培地の注文欄の カートに追加する ボタンをクリックします。

1.3
追加した株・培地を除外したい場合は、除外したい株・培地の注文欄の キャンセル ボタンををクリックします。
1.4
注文する場合、またはカートの中身を閲覧する場合は、 注文内容を確認する ボタンををクリックします。

2. 注文内容の確認

image
2.1
利用区分、所属区分を選択してください。
2.2
株番号、学名、注意事項等を確認してください。
2.3
「株及び培地の利用目的」を記入し、 次へ ボタンをクリックします。

*「株及び培地についての要望・問い合わせ」について
以前、対応したことのある事項についても間違い防止のため、注文の都度、記入してください。

<記入例>
・円石を形成している株を使いたい。
・群体を形成している株を使いたい。
・寒天培地ではなく、液体培地の状態で欲しい。
・液体培地ではなく、寒天培地の状態で欲しい(*1)
・株の発送が遅れる場合には、先に提供培地を送って欲しい。
・株の発送時に請求書を同梱して欲しい。
・事務手続きのため、事前に見積書を送って欲しい(*2)
・おおよその納期を知らせて欲しい。

*1 通常寒天培地で培養されている株のみ対象です。
*2 必要な手続きについて詳しくご記入ください。

3. 依頼者情報の入力

image
・新規登録者の方
依頼者情報を記入して 次へ ボタンを押します。
の項目は必ず入力してください。
・リピータの方
電子メールアドレス、パスワードを記入して 次へ ボタンを押します。

4. 「同意書」の確認と注文内容の送信

image
4.1
注文内容、依頼者情報を最終確認してください。依頼者情報を変更する場合は、 依頼者情報を変更する ボタンをクリックして、依頼者情報を編集してください。
4.2
「分譲・提供にあたっての同意事項」をお読みください。この同意事項に同意していただいた方に分譲いたします。
4.3
注文内容を送信する ボタンを押すと当施設へ注文内容が送信されます。同時に、当施設から依頼者の電子メールアドレスへ確認メールが即時自動配信されます。確認メールが届かない場合は以下の電子メールアドレスへご連絡ください。

5. 「同意書」の印刷と送付

online_signature_image
微生物株の分譲及び培地等の提供には「同意書」の提出が必要です。提出にはPDFファイルでの提出を推奨しています。また「依頼者」の欄の「責任者」には研究責任者の氏名を記載ください。研究担当者(学生、非常勤職員など)からの依頼は受け付けておりません。

PDFファイルで提出する場合には、 印刷プレビュー画面へ ボタンをクリックして、本ページを1通印刷後、「同意書」の内容を確認して、記名及び押印または署名の上、PDF化したものを以下の電子メールアドレスにお送りください。提供機関で記名及び押印後、依頼者宛に返送します。

郵送またはファクス送信の場合には、 印刷プレビュー画面へ ボタンをクリックして、本ページを2通印刷してください。「同意書」の内容を確認して、記名及び押印または署名の上、以下の住所またはファクス番号に2通ともお送りください。提供機関で記名及び押印後、1通を依頼者宛に返送します。

微生物株及び培地等の発送準備は「同意書」を確認してから行われます。「同意書」が1か月以内に届かない場合、ご注文をキャンセルとさせて頂くこともありますのでご留意願います。

オンライン以外の注文方法

ダウンロードのページから「同意書」をダウンロードして必要事項を記入します。記入方法、提出方法については、上述のオンライン注文方法をご参照ください。

宛先

〒 305-8506
茨城県 つくば市小野川16-2
国立研究開発法人国立環境研究所 微生物系統保存施設
Tel :029-850-2556 Fax:029-850-2587
メールはこちら(連絡先



2-2. 注文した株の受領報告書について(培地の受領報告は不要です)

株が届きましたら、速やかに細胞状態をご確認ください。1週間以内にウェブ版受領報告書にてご報告ください。ウェブ版受領報告書のURLは、発送完了ご案内メールに記載されています。ウェブ版受領報告書が使えない場合には、「受領報告書」( PDFWord ) をダウンロードして、ご記入の上、電子メールの添付ファイル、郵送、またはファクスでお送りください。

3. 株及び培地の価格と支払い

3-1. 分譲・提供価格

分譲・提供物 単位 内容 分譲・提供価格
大学・国公立の研究機関等の非営利団体 その他
培養株 1本 約10 mLの培地に植込んだ状態 10,000円 20,000円
ボトル入り培地 1ユニット 約2 L(1 L×2本) 10,000円 20,000円
試験管入り培地 1ユニット 約10 mLの培地入り試験管10本 10,000円 20,000円
メタル溶液 1ユニット 約125 mL 10,000円 20,000円

この他に消費税及び 郵送料がかかります。
培養株の場合、教育目的(※)で使用する場合は無料です。
※ここでいう「教育目的」とは、小・中・高等学校での授業や大学の学生実習、公的機関が行なう各種研修での教材用、博物館等での展示等を指します。
国立環境研究所職員、客員研究員、共同研究員の場合、培養株は無償、培地は有償となります。

ご注文に関するご質問については、 よくある質問 をご参照ください。


shipping_image

3-2. 支払い

国立環境研究所から約2週間後に請求書が届きます。受け取られましたら、指定された支払い期限までに、請求金額を指定振込み先に振り込んでください。振込み手数料は依頼者負担です。

見積書・納品書・領収書につきましては よくある質問をご参照ください。

4. 分譲にあたっての注意事項

4-1. 輸送時の衝撃に弱い または 輸送時の温度変化に弱い株の分譲について

ウェブサイトの保存株情報や検索結果の“注意事項”に “輸送時の衝撃に弱い” “輸送時の温度変化に弱い”と記されている株、 あるいは保存株リストの“Remarks”に “Fragile species to transportation stresses” “Fragile species to temperature changes ”と記されている株は、 輸送中に細胞が壊れやすく、不具合の生じやすい株です。原則、当施設までとりに来ていただくことが望ましい株になります。 なお、郵送をご希望される場合は、株が生きて届かない場合もあることをご了承の上、ご注文ください。


4-2. 不安定な株の分譲について

ウェブサイトの保存株情報や検索結果の“注意事項”に “不安定”と記されている株、あるいは保存株リストの“Remarks”に “Unstable ”と記されている株は、 生育が不安定になりやすい株で、植え継ぎ操作や培養条件の変化等の影響を受けやすいため、培養に注意を払う必要があります。“輸送困難株”と同様に、原則、当施設までとりに来ていただくことが望ましい株になります。 郵送をご希望される場合は、株が生きて届かない場合のあることをご了承の上、ご注文ください。不安定株は、当施設におきましても生育が不安定なため、届いた株が不良だった場合でも、すぐに分譲できないことがあります。 また生育不良や死滅により、分譲できなくなってしまうこともあります。


4-3. 凍結保存株の分譲について

微生物系統保存施設ウェブサイト保存株情報の保存状態、検索結果の注意事項、あるいは保存株リストの“Remarks”に “Cryopreserved (凍結保存)”と記されている場合は、凍結保存されている株を解凍後、培養してからの発送となりますので、 株の発送までに1ヶ月くらい要する場合があります。
なお、通常寒天培地で培養されている株であっても、凍結保存は液体培地で行われるため、解凍後の株は液体培地に植え込んだ状態で発送いたします。 寒天培地に植え込んだ株をご希望の場合は別途ご連絡ください(更に時間を要することになります)。
凍結保存法について


4-4. 有毒物質を生産する株の取り扱い

現時点で有毒物質を生産することがわかっている株は、微生物系統保存施設ウェブサイト保存株情報の特徴、検索結果の注意事項、あるいは保存株リストの“Remarks”に “Toxic (有毒)”と記されています。この表示を確認し、使用目的が有毒であることと関連する場合はもとより、関連しない場合でも、有毒株であることを認識した上で使用してください。
なお、これまで使用お願いしていた「有毒株分譲依頼書 兼 同意書」は廃止しました。分譲・提供にあたっての同意事項の中に有毒株に対する注意・遵守事項を含めましたので、有毒株を注文する場合も 「同意書」を使用してください。


4-5. TISTRと共有する株の取り扱い

保存株リストの“Other collection strain no.” にTISTRが付いた株番号が記されている株は、タイ国立科学技術研究所(TISTR)と共有している株です。 タイ産の株については、教育及び研究目的で使用する場合に限って分譲しています。


4-6. 1993年以降採集された外国産株の取り扱い

1993年1月以降に外国より採集された株については、リストに掲載されていても生物多様性条約に関連して当面分譲を見合わせているものがあります。 分譲依頼に際しては必ず保存株リストで産地をご確認ください。


4-7. 寒天培地で保存されている藻体の形態について

当施設では、植え継ぎ期間を長く設定するために、寒天培地または軟寒天培地で培養している株があります。こうした培養株の中には、 液体培地で培養されているときと異なる形態を示すことがありますが、液体培地に戻して培養することで、正常な形態に戻ります。
その他の形態については よくある質問をご参照ください。

5. 国立環境研究所の職員、客員研究員、共同研究員への分譲・提供

培養株は無償、培地及びメタル溶液は有償です。「同意書」 2通に必要事項を記入し、記名及び押印または署名の上、所内便で送付するか、微生物系統保存施設のスタッフに直接渡してください。
オンライン注文でも受け付けています。
客員研究員及び共同研究員の方は必ず国立環境研究所の受け入れ職員とその所属部署を必ずご記入ください。

6. 教育目的で利用する場合

教育目的(以下の表を参照ください)で培養株を利用する場合は、無償で提供します。培地及びメタル溶液は、教育目的の利用であっても有償での提供となります。 保有設備や微生物の取扱い経験等を確認させていただくために、 「利用者確認シート」( PDFWord) を「同意書」と一緒にお送りください。 また、培養株の利用後に所定の 「受領報告書 兼 教育目的利用のアンケート」( PDFWord)の提出をお願いします。

教育目的に該当する活動 教育目的に該当しない活動
小、中、高等学校での授業や大学での学生実習 「大学の卒業研究や修士・博士課程の研究」は研究目的(非営利団体)となります。
公的機関が行なう各種研修での教材用、博物館等での展示用 「生物部等のサークル活動」の場合、利用目的と利用者確認シートの記入内容を確認の上、分譲の可否をご連絡いたします。

<留意事項>
オンライン注文の場合は、利用区分の教育目的を選択してください。 オンライン以外の注文方法の場合、一般用の「同意書」のファイルを使用してください。株の分譲の場合、株の利用目的に教育目的と明記の上で、教育内容の詳細について記述ください。 「同意書」は必ず担当教員がご記入ください。生徒及び学生からの依頼は受け付けておりません。
分譲・提供にあたっての同意事項を必ずお読みください。特に以下の点にご注意ください。

分譲本数は基本的に1株につき1本までとさせていただいております。
長年の継代培養で、細胞形状や群体性が変化することがあります。走光性や鞭毛運動を観察する場合は、液体培地で培養している株を選択してください。事前にご相談いただければ、目的に合った株に関する情報を提供します。

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top