株番号 NIES-4121  
門名 Chlorophyta  
綱名 Chlorophyceae 
学名 Gonium pectorale O.F.Müller  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 ヒラタヒゲマワリ ; 緑藻  
地名(採集年月) NIES-1710とNIES-1711を参照  
緯度/経度  
生息環境(分離源) 淡水  
分離後の履歴 ← 野崎久義  
分離者(分離年月) 野崎久義 (2014-12-15)  
同定者 野崎久義  
株の状態 継代培養; 無菌[2018 Mar]; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  AF-6  
温度: 20 ℃
光強度: 10 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 40 D  
遺伝子情報  
特性 走光性 ; NIES-1710×1711のF1クローン ; ヘテロタリック  
サイズ (min - max)  
体制 群体性; 鞭毛性 
その他の株番号 その他の株番号:2014-0520-F1-4  
注意事項 無菌  
動画  
文献
Arakaki, Y., Fujiwara, T., Kawai-Toyooka, H., Kawafune, K., Featherston, J., Durand, P. M., Miyagishima, S., Nozaki, H. 2017 Evolution of cytokinesis-related protein localization during the emergence of multicellularity in volvocine green algae. BMC Evol. Biol., 17, 243 (article ID).
キーワード: Multicellularity; Volvocine algae; Tetrabaena socialis; DRP1
Strain(s): 5714121 
PubMed: 29212441
DOI: 10.1186/s12862-017-1091-z

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top