株番号 NIES-4114  
門名 Stramenopila incertae sedis  
綱名  
学名 Pseudophyllomitus vesiculosus (Larsen & Patterson) Lee  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名  
地名(採集年月) 日本 鹿児島県 奄美市 笠利湾 (2015-01-22)  
緯度/経度 28.441809 / 129.671856 
生息環境(分離源) 海域 (底泥)  
分離後の履歴 ← 白鳥峻志; 石田健一郎  
分離者(分離年月) 白鳥峻志 (2015-01-29)  
同定者 白鳥峻志  
株の状態 継代培養; 混合培養 (餌としてEntomoeis sp. 及び Bacterium); クローン; 非無菌  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  ESM  
温度: 20 ℃
光強度: 4 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 1 M  
遺伝子情報 18S rRNA ( LC257669 )  
特性 従属栄養 ; 底生 ; Authentic株 (Shiratori et al. 2017)  
サイズ (min - max) 6 - 12 μm  
体制 単細胞性; 鞭毛性 
その他の株番号 その他の株番号:SRT537  
注意事項  
動画  
文献
Shiratori, T., Thakur, R., Ishida, KI. 2017 Pseudophyllomitus vesiculosus (Larsen and Patterson 1990) Lee, 2002, a poorly studied phagotrophic biflagellate is the first characterized member of Stramenopile environmental clade MAST-6. Protist, 168, 439-451.
キーワード: Flagellar apparatus; MAST; phylogenetic analysis; stramenopiles; ultrastructure
Strain(s): 4114 
PubMed: 28822908
DOI: 10.1016/j.protis.2017.06.004

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top