株番号 NIES-4064  
門名 Cyanophyta  
綱名 Cyanophyceae 
学名 Pseudanabaena cinerea Tuji & Niiyama  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 藍藻 ; シアノバクテリア  
地名(採集年月) 日本 青森県 小川原湖 (2015-09-27)  
緯度/経度  
生息環境(分離源) 淡水 (水)  
分離後の履歴 ← 新山優子  
分離者(分離年月) 新山優子 (2015-10-1)  
同定者 辻彰洋  
株の状態 凍結保存; 非無菌[2017 May]; 単藻  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  CT  
温度: 20 ℃
明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 2 M  
遺伝子情報  
特性 異臭 ; 2-MIB生産株  
サイズ (min - max)  
体制 糸状 
その他の株番号 その他の株番号:Ak1548  
注意事項 凍結保存[2018 Oct]  
動画  
文献
Tuji, A. & Niiyama, Y. 2018 Two new Pseudanabaena (Cyanobacteria, Synechococcales) species from Japan, Pseudanabaena cinerea and Pseudanabaena yagii, which produce 2-methylisoborneol. Phycol. Res., 66, 291-299.
キーワード: internal transcribed spacer region; Phormidiumtenue; Pseudanabaena foetida; Pseudanabaena subfoetida; rRNA operon; secondary structure
Strain(s): 512406240634064406542374238 
DOI: 10.1111/pre.12327

辻彰洋, 新山優子 2018 Pseudanabaena属(シアノバクテリア)の分類とカビ臭産生の判別形質 (The taxonomy of Pseudanabaena(Cyanobacteria) and characters for Jjudging the production of odor compounds.) 日本水処理生物学会誌 (Jpn. J. Water Treat. Biol.), 54, 115-120 (in Japanese with English summary).
キーワード: 2-MIB; L/W ratio; Phormidium tenue; pigment; Pseudanabaena
Strain(s): 512406240634064406542374238 
DOI: 10.2521/jswtb.54.115

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top