株番号 NIES-3752  
門名 Chlorophyta  
綱名 Chlorophyceae 
学名 Chloromonas krienitzii Matsuzaki & Nozaki  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 緑藻 ; 雪上藻 ; 氷雪藻  
地名(採集年月) 日本 山形県 西川町 山形県立自然博物園 (2013-06-30)  
緯度/経度 38.513889 / 139.990833 
生息環境(分離源) 陸上 (雪)  
分離後の履歴 ← 松﨑令  
分離者(分離年月) 松﨑令 (2014-01-24)  
同定者 松﨑令; 野崎久義  
株の状態 継代培養; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  AF-6  
温度: 5 ℃
光強度: 10 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 3 M  
遺伝子情報 18S rRNA ( LC012713 ) , 26S rRNA ( LC060475 ) , ITS2 ( LC012757 ) , atpB ( LC012721 ) , psaB ( LC012729 ) , rbcL ( LC012741 )  
特性 好冷性  
サイズ (min - max)  
体制 単細胞性 
その他の株番号 その他の株番号:GsCl-49  
注意事項  
動画  
文献
Matsuzaki, R., Kawai-Toyooka, H., Hara, Y., Nozaki, H. 2015 Revisiting the taxonomic significance of aplanozygote morphologies of two “cosmopolitan” snow species of the genus Chloromonas (Volvocales, Chlorophyceae). Phycologia, 54, 491–502.
キーワード: Chloromonas brevispina; Chloromonas krienitzii sp. nov.; Chloromonas nivalis; Molecular phylogeny; Morphology; Snow algae; Ultrastructure
Strain(s): 23792380338937523753 
DOI: 10.2216/15-33.1

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top