株番号 NIES-3716  
門名 Heterokontophyta  
綱名 Bacillariophyceae 
学名 Chaetoceros sp.  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 珪藻(中心目)  
地名(採集年月) 日本 三重県 志摩市 英虞湾、立神浦 (2007-07-04)  
緯度/経度 34.295123 / 136.828294 
生息環境(分離源) 海域 (海水)  
分離後の履歴 ← 木村圭 ← 外丸裕司  
分離者(分離年月) 外丸裕司 (2007-07-05)  
同定者 外丸裕司  
株の状態 継代培養; 無菌[2018 Feb]: クローン; 単藻  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  mSWM-3  
温度: 15 ℃
光強度: 9-11 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 21 D  
遺伝子情報 18S rRNA ( AB847415 )  
特性 赤潮形成 ; 感染性ウイルスの分離報告有り (Tomaru, Y. et al. 2012)  
サイズ (min - max)  
体制 単細胞性 
その他の株番号 その他の株番号:TG07-C28  
注意事項 無菌  
動画  
文献
Tomaru, Y., Toyoda, K., Kimura, K. 2018 Occurrence of the planktonic bloom-forming marine diatom Chaetoceros tenuissimus Meunier and its infectious viruses in western Japan. Hydrobiologia, 805, 221-230.
キーワード: Algal viruses; Primary producers; Marine algae; Real-time quantitative PCR; Restingstage cells
Strain(s): 37143716 
DOI: 10.1007/s10750-017-3306-0

Kimura, K., Tomaru, Y. 2017 Effects of temperature and salinity on diatom cell lysis by DNA and RNA viruses. Aquat. Microb. Ecol., 79, 79-83.
キーワード: Water temperature; Water salinity; Host-virus interactions; Diatom lysis
Strain(s): 37143716 
DOI: 10.3354/ame01818

Toyoda, K., Kimura, K., Hata, N., Nakayama, N., Nagasaki, K., Tomaru, Y. 2012 Isolation and characterization of a single-stranded DNA virus infecting the marine planktonic diatom Chaetoceros sp. (strain TG07-C28). Plankton Benthos Res., 7, 20-28.
Strain(s): 3716 
DOI: 10.3800/pbr.7.20

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top