株番号 NIES-3712  
門名 Heterokontophyta  
綱名 Bacillariophyceae 
学名 Chaetoceros setoensis Ikari  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 珪藻(中心目)  
地名(採集年月) 日本 広島県 広島市 広島湾、五日市漁港 (2007-03-16)  
緯度/経度 34.35533333 / 132.35803333 
生息環境(分離源) 海域 (海水)  
分離後の履歴 ← 木村圭 ← 外丸裕司  
分離者(分離年月) 外丸裕司 (2007-03-16)  
同定者 鈴木秀和; 南雲保  
株の状態 継代培養; 無菌[2018 Feb]: クローン; 単藻  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  mSWM-3  
温度: 15 ℃
光強度: 9-11 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 21 D  
遺伝子情報 18S rRNA ( AB847418 )  
特性 赤潮形成 ; 感染性ウイルスの分離報告有り (Tomaru et al. 2013)  
サイズ (min - max)  
体制 単細胞性 
その他の株番号 その他の株番号:IT07-C11  
注意事項 無菌  
動画  
文献
Hamamoto, Y. & Honda, D. 2019 Nutritional intake of Aplanochytrium (Labyrinthulea, Stramenopiles) from living diatoms revealed by culture experiments suggesting the new prey–predator interactions in the grazing food web of the marine ecosystem. PLoS One, 14, e0208941 (article ID).
Strain(s): 3243712 
PubMed: 30625142
DOI: 10.1371/journal.pone.0208941

Tomaru, Y., Toyoda, K., Suzuki, H., Nagumo, T., Kimura, K., Takao, Y. 2013 New single-stranded DNA virus with a unique genomic structure that infects marine diatom Chaetoceros setoensis. Sci Rep, 3, 3337 (article ID).
Strain(s): 3710371137123713 
PubMed: 24275766
DOI: 10.1038/srep03337

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top