株番号 NIES-3646  
門名 Streptophyta  
綱名 Charophyceae 
学名 Closterium moniliferum Ehrenberg ex Ralfs  
シノニム Lunulina monilifera Bory 1824  
以前使われていた種名  
一般名 接合藻 ; ミカヅキモ ; ジュズミカヅキモ  
地名(採集年月) 日本 静岡県 下田市吉佐美 (2009-06-08)  
緯度/経度 34.66555555 / 138.91222222 
生息環境(分離源) 淡水 (水)  
分離後の履歴 ← 圡金勇樹  
分離者(分離年月) 圡金勇樹 (2009-06-**)  
同定者 圡金勇樹  
株の状態 継代培養; 無菌[2018 Jan]; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  CA  
温度: 20 ℃
光強度: 15-19 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 2 M  
遺伝子情報 5.8S-ITS2-28S ( AB914686 ) , 18S rRNA ( AB914685 )  
特性 単為胞子形成  
サイズ (min - max)  
体制 単細胞性 
その他の株番号 その他の株番号:izu76-1  
注意事項 無菌  
動画  
文献
Tsuchikane, Y., Nakai, A., Sekimoto, H. 2014 Detailed analyses on the parthenospore formation in Closterium moniliferum (Zygnematophyceae, Charophyta). Phycologia, 53, 571-578.
キーワード: Closteriu; Conjugation; Parthenospore; Pheromone; Sexual reproduction
Strain(s): 3646 
DOI: 10.2216/14-35R1.1

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top