株番号 NIES-3640  
門名 Chlorophyta  
綱名 Chlorophyceae 
学名 Gloeomonas anomalipyrenoides Nakada, Matsuzaki & Nozaki  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 緑藻  
地名(採集年月) 日本 千葉県 東金市東金 八鶴湖 (2005-06-18)  
緯度/経度 35.56166666 / 140.35944444 
生息環境(分離源) 淡水 (水)  
分離後の履歴 ← 仲田崇志  
分離者(分離年月) 仲田崇志 (2005-06-19)  
同定者 仲田崇志  
株の状態 継代培養; 無菌[2017 Dec]; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  AF-6  
温度: 20 ℃
光強度: 10 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 1 M  
遺伝子情報 18S rRNA ( AB971359 ) , 5.8S-ITS2-28S ( AB971365 )  
特性 プランクトン  
サイズ (min - max)  
体制  
その他の株番号 その他の株番号:HkCl-5-3  
注意事項 無菌  
動画  
文献
Nakada, T., Matsuzaki, R., Krienitz, L., Tomiwa, M., Nozaki, H. 2015 Taxonomic reassessment of strains formerly classified as Chloromonas insignis (Volvocales, Chlorophyceae) and description of Gloeomonas anomalipyrenoides sp. nov. Acta Phytotax. Geobot., 66, 23-33.
キーワード: 18S rRNA; Chloromonas; culture strain; Gloeomonas; light microscopy; new species; phycology; phylogeny
Strain(s): 447364036413642 
DOI: 10.18942/apg.KJ00009868503

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top