株番号 NIES-3639  
門名 Chlorophyta  
綱名 Trebouxiophyceae 
学名 Stichococcus bacillaris Nägeli  
シノニム Stichococcus pallescens Chodat 1909; Stichococcus coniocybes Letellier 1917; Stichococcus nivalis Chodat 1917; Stichococcus chloranthus Raths 1938; Stichococcus viridis Nakano 1988  
以前使われていた種名  
一般名 緑藻  
地名(採集年月) 日本 宮城県 仙台市 青葉通り (1999-03-30)  
緯度/経度 38.25833333 / 140.86666666 
生息環境(分離源) 陸上 (植物(樹皮))  
分離後の履歴 ← 半田信司  
分離者(分離年月) 半田信司 (1999-04-**)  
同定者 半田信司  
株の状態 凍結保存; 無菌[2018 Feb]; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  C (寒天)  
温度: 20 ℃
光強度: 3-5 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 5 M  
遺伝子情報  
特性 植物着生 ; 気生  
サイズ (min - max)  
体制 単細胞性 
その他の株番号 その他の株番号:Handa-786-x  
注意事項 無菌; 凍結保存[2017 Nov]  
動画  
文献
Yamamoto, M., Handa, S., Kawachi, M., Miyamura, S., Nagumo, T., Hirata, A., Kawano, S. 2016 Mother cell wall cleavage during filament formation in Stichococcus bacillaris (Trebouxiophyceae, Chlorophyta). Cytologia, 81, 35-39.
キーワード: Binary fission; Filament formation; Mother cell wall; Stichococcus; Trebouxiophyceae
Strain(s): 3639 
DOI: 10.1508/cytologia.81.35

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top