株番号 NIES-3381  
門名 Chlorophyta  
綱名 Chlorophyceae 
学名 Chlamydomonas reinhardtii Dangeard  
シノニム Chlamydomonas morieri Dangeard 1888; Chlamydomonas pseudodebaryana Brabez 1941  
以前使われていた種名  
一般名 緑藻 ; クラミドモナス ; コナミドリムシ  
地名(採集年月)  
緯度/経度  
生息環境(分離源) 淡水 (CC-620とNIES-2464の接合子から発芽した遊走細胞)  
分離後の履歴 ← 仲田崇志  
分離者(分離年月) 仲田崇志 (2012-12-05)  
同定者  
株の状態 凍結保存; 無菌[2018 Feb]; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  mAC  
温度: 20 ℃
光強度: 3-5 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 45 D  
遺伝子情報 NIT1 ( AB900995 ) , NIT2 ( AB901003 ) , MID ( AB900987 )  
特性 混合栄養 ; 吸収栄養 ; 走光性 ; ヘテロタリック ; 同型配偶 ; 交配型 (−) ; 休眠胞子形成  
サイズ (min - max)  
体制 単細胞性; 鞭毛性 
その他の株番号 その他の株番号:AJ-D2  
注意事項 凍結保存[2018 Oct]; 無菌  
動画  
文献
Nakada, T., Tsuchida, Y., Arakawa, K., Ito, T., Tomita, M. 2014 Hybridization between Japanese and North American Chlamydomonas reinhardtii (Volvocales, Chlorophyceae). Phycol. Res., 62, 232-236.
キーワード: biogeography; Chlamydomonas reinhardtii; Chlorophyceae; mating population; species
Strain(s): 246324643378337933803381 
DOI: 10.1111/pre.12061

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top