株番号 NIES-2294  
門名 Chlorophyta  
綱名 Chlorophyceae 
学名 Tabris heimii (Bourrelly) Nakada  
シノニム Chlorogonium heimii Bourrelly; Chlorogonium perforatum Skuja 1956; Chlorogonium nodeanum Skvortzov 1967; Chlorogonium saupaulense Skvortzov & Noda 1967  
以前使われていた種名  
一般名 緑藻  
地名(採集年月) 日本 静岡県 磐田市岩井 桶ヶ谷沼 (2004-07-23)  
緯度/経度 34.73333333 / 137.88333333 
生息環境(分離源) 淡水 (底泥)  
分離後の履歴 ← 仲田崇志  
分離者(分離年月) 仲田崇志 (2004-08-28)  
同定者 仲田崇志  
株の状態 継代培養; 無菌[2018 Jan]; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  mAC  
温度: 20 ℃
光強度: 10-17 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 1 M  
遺伝子情報 18S rRNA ( AB451189 ) , psaB ( AB451216 ) , rbcL ( AB451194 )  
特性 混合栄養 ; 吸収栄養 ; Authentic株 (Nakada, T. et al. 2009)  
サイズ (min - max)  
体制  
その他の株番号 その他の株番号:IwCl-10  
注意事項 無菌  
動画  
文献
Nakada, T., Nozaki, H. 2009 Taxonomic study of two new genera of fusiform green flagellates, Tabris gen. nov. and Hamakko gen. nov. (Volvocales, Chlorophyceae). J. Phycol., 45, 482-492.
キーワード: Chlorogonium; Hamakko gen. nov.; molecular phylogeny; Tabris gen. nov.; taxonomy; ultrastructure; Volvocales
Strain(s): 122637748752760968135813591849185018692293229422954125 
PubMed: 27033826
DOI: 10.1111/j.1529-8817.2009.00652.x

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top