株番号 NIES-1859  
門名 Chlorophyta  
綱名 Chlorophyceae 
学名 Yamagishiella unicocca (Rayburn & Starr) Nozaki  
シノニム Pandorina unicocca Rayburn & Starr  
以前使われていた種名  
一般名 緑藻  
地名(採集年月) 日本 広島県 江田島市能美町 (2004-08-18)  
緯度/経度  
生息環境(分離源) 淡水 (土)  
分離後の履歴 ← 野崎久義  
分離者(分離年月) 山田敏寛 (2004-09-29)  
同定者 山田敏寛  
株の状態 継代培養; 非無菌[2018 Mar]; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  AF-6  
温度: 20 ℃
光強度: 7-13 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 2 M  
遺伝子情報 mat3 ( AB771933 ) , rbcL ( AB359065 ) , MID ( LC274882 )  
特性 プランクトン ; コスモポリタン ; 走光性 ; ヘテロタリック ; 雌雄異体 ; 同型配偶 ; H, h型生活環 ; 交配型 (−) ; NIES-1861と交配 ; F2 strains (NIES-3982, 3983)  
サイズ (min - max)  
体制 単細胞性; 鞭毛性 
その他の株番号 その他の株番号:Hasu-1  
注意事項 非無菌  
動画  
文献
Hiraide, R., Kawai-Toyooka, H., Hamaji, T ., Matsuzaki, R., Kawafune, K., Abe, J., Sekimoto, H., Umen, J., Nozaki, H. 2013 The evolution of male–female sexual dimorphism predates the gender-based divergence of the mating locus gene MAT3/RB. Mol. Biol. Evol., 30, 1038-1040.
キーワード: gender-based divergence; gene conversion; male–female sexual dimorphism; MAT3/RB, mating type locus; volvocine algae
Strain(s): 7227338661710171117121859186139854018 
PubMed: 23364323
DOI: 10.1093/molbev/mst018

Yamada, T. K., Miyaji, K., Nozaki, H. 2008 A taxonomic study of Eudorina unicocca (Volvocaceae, Chlorophyceae) and related species, based on morphology and molecular phylogeny. Eur. J. Phycol., 43, 317-326.
キーワード: aplanosporic strain; Eudorina unicocca; Eudorina peripheralis stat. nov.; Chlorophyceae; molecular phylogeny; morphology; taxonomy; Volvocales; Yamagishiella
Strain(s): 57866671772272372472572687087218581859 
DOI: 10.1080/09670260701763484

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top