株番号 NIES-1850  
門名 Chlorophyta  
綱名 Chlorophyceae 
学名 Chlamydomonas pumilio Ettl var. pumilio  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 緑藻 ; クラミドモナス ; アリスガワコナミドリ  
地名(採集年月) 日本 東京都 港区 有栖川宮記念公園 (2003-04-28)  
緯度/経度 35.651850619 / 139.724548800 
生息環境(分離源) 淡水 (水)  
分離後の履歴 ← 仲田崇志  
分離者(分離年月) 仲田崇志 (2003-05-01)  
同定者 仲田崇志  
株の状態 継代培養; 無菌[2017 Dec]; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  MG  
温度: 20 ℃
光強度: 7-13 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 2 M  
遺伝子情報 18S rRNA ( AB290340 ) , psaB ( AB451201 ) , rbcL ( AB360755 )  
特性 走光性  
サイズ (min - max)  
体制 単細胞性; 鞭毛性 
その他の株番号 その他の株番号:ArCp-7  
注意事項 無菌  
動画  
文献
Nakada, T., Nozaki, H. 2009 Taxonomic study of two new genera of fusiform green flagellates, Tabris gen. nov. and Hamakko gen. nov. (Volvocales, Chlorophyceae). J. Phycol., 45, 482-492.
キーワード: Chlorogonium; Hamakko gen. nov.; molecular phylogeny; Tabris gen. nov.; taxonomy; ultrastructure; Volvocales
Strain(s): 122637748752760968135813591849185018692293229422954125 
PubMed: 27033826
DOI: 10.1111/j.1529-8817.2009.00652.x

Nakada, T., Nozaki, H. 2007 Two species of Chlamydomonas (Volvocales, Chlorophyceae) new to Japan. J. Jpn. Bot., 82, 179-189.
キーワード: Chlamydomonas perpusilla; Chlamydomonas pumilio; culture strain; taxonomy
Strain(s): 184818491850 

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top