株番号 NIES-1824  
門名 Chlorophyta  
綱名 Pedinophyceae 
学名 Marsupiomonas sp.  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名  
地名(採集年月) 日本 和歌山県 和歌山市 磯ノ浦地先 (2005-03-30)  
緯度/経度 34.25818333 / 135.09473333 
生息環境(分離源) 海域 (砂)  
分離後の履歴 ← TKB;  
分離者(分離年月) 岡本典子 (2005-04-28)  
同定者 岡本典子  
株の状態 継代培養; 非無菌; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  f/2  
温度: 20 ℃
光強度: 13-15 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 1 M  
遺伝子情報 Plastid DNA ( KM462870 )  
特性 ゲノム解読株 (Lemieux et al. 2014)  
サイズ (min - max) 3 - 7 μm  
体制  
その他の株番号 その他の株番号:TKB-243  
注意事項  
動画  
文献
Turmel, M., Otis, C., Lemieux, C. 2015 Dynamic evolution of the chloroplast genome in the Green algal classes Pedinophyceae and Trebouxiophyceae. Genome Biol. Evol., 7, 2062-2082.
キーワード: Trebouxiophyceae; Pedinophyceae; plastid genomics, genome; rearrangements; inverted repeat; horizontal transfer; repeats; introns
Strain(s): 1824 
PubMed: 26139832
DOI: 10.1093/gbe/evv130

Lemieux, C., Otis, C.,Turmel, M. 2014 Chloroplast phylogenomic analysis resolves deep-level relationships within the green algal class Trebouxiophyceae. BMC Evol. Biol., 14, 211 (article ID).
キーワード: Chlorophyta; Trebouxiophyceae; Plastid genome; Phylogenomics
Strain(s): 18242166 
PubMed: 25270575
DOI: 10.1186/s12862-014-0211-2

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top