株番号 NIES-1729  
門名 Cyanophyta  
綱名 Cyanophyceae 
学名 Raphidiopsis sp.  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 藍藻 ; シアノバクテリア  
地名(採集年月) 日本 東京都 台東区 上野公園、不忍池 (1998-10-**)  
緯度/経度 35.711306 / 139.771278 
生息環境(分離源) 淡水 (水)  
分離後の履歴 ← 李仁輝  
分離者(分離年月) 李仁輝 (1998-10-**)  
同定者 李仁輝  
株の状態 継代培養; 非無菌[2018 Feb]; 単藻  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  MG  
温度: 20 ℃
光強度: 6-12 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 2 M  
遺伝子情報 16S rRNA ( LC425391 )  
特性 アオコ ; プランクトン ; 休眠胞子形成  
サイズ (min - max)  
体制  
その他の株番号 その他の株番号:Rap J1  
注意事項 非無菌  
動画  
文献
Hodoki, Y., Ohbayashi, K., Kobayashi, Y., Okuda, N., Nakano, S. 2012 Detection and identification of potentially toxic cyanobacteria: Ubiquitous distribution of Microcystis aeruginosa and Cuspidothrix issatschenkoi in Japanese lakes. Harmful Algae, 16, 49-57.
キーワード: Anatoxin-a; Automated rRNA intergenic spacer analysis (ARISA); Cuspidothrix issatschenkoi; Cyanotoxin; Microcystin; Microcystis aeruginosa
Strain(s): 304077102111230512843905928932937991164516691698172919502116 
DOI: 10.1016/j.hal.2012.01.003

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top