株番号 NIES-1683  
門名 Cyanophyta  
綱名 Cyanophyceae 
学名 Dolichospermum planctonicum (Brunnthaler) Wacklin, Hoffmann & Komárek  
シノニム Anabaena planctonica BrunnthalerAnabaena solitaria f. planctonica (Brunnthaler) Komárek 1958; Anabaena limnetica G.M.Smith 1916  
以前使われていた種名 Anabaena planctonica Brunnthaler  
一般名 藍藻 ; シアノバクテリア  
地名(採集年月) 日本 兵庫県 小野市 ニゴ池 (2001-07-25)  
緯度/経度  
生息環境(分離源) 淡水 (水)  
分離後の履歴 ← TAC;  
分離者(分離年月) 新山優子 (2001-07-26)  
同定者 新山優子  
株の状態 継代培養; 非無菌; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  CB  
温度: 20 ℃
光強度: 7-13 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 1 M  
遺伝子情報 16S rRNA ( AB551455 ) , rbcL ( AB551502 )  
特性 プランクトン  
サイズ (min - max)  
体制 糸状 
その他の株番号 その他の株番号:TAC 472  
注意事項  
動画  
文献
Tuji, A., Niiyama, Y. 2010 Phylogenetic study by the morphological and molecular analyses of Japanese planktonic Anabaena species. Bull. Natl. Mus. Nat. Sci., Ser. B, 36, 71-80.
キーワード: Anabaena; Anabaena oumiana; culture, Japan, morphology, planktonic; rbcL; rbcX; rDNA; Sphaerospermum oumianum (M. Watanabe) Tuji et Niiyama comb. nov.
Strain(s): 807808820822826163916421643164616511652165316571658166516671668167216731674167716781683169016931694169616971875187818801884188718911894189519041909192019211922192919311934193919421950 

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top