株番号 NIES-1642  
門名 Cyanophyta  
綱名 Cyanophyceae 
学名 Dolichospermum affine (Lemmermann) Wacklin, Hoffmann & Komárek  
シノニム Anabaena affinis Lemmermann; Anabaena catenula var. affinis (Lemmermann) Geitler 1932  
以前使われていた種名 Anabaena affinis Lemmermann  
一般名 藍藻 ; シアノバクテリア  
地名(採集年月) 日本 神奈川県 津久井町 津久井湖  
緯度/経度 35.5922557587 / 139.260394458 
生息環境(分離源) 淡水 (水)  
分離後の履歴 ← TAC;  
分離者(分離年月) 渡辺真之  
同定者 渡辺真之  
株の状態 継代培養; 非無菌; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  CB  
温度: 20 ℃
光強度: 10-19 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 1 M  
遺伝子情報 16S rRNA ( AB551451 ) , rbcL ( AB551499 )  
特性 プランクトン  
サイズ (min - max) 5 - 8 μm  
体制 糸状 
その他の株番号 その他の株番号:TAC 454  
注意事項  
動画  
文献
Imanishi, S. Y., Nakayama, T., Asukabe, H., Harada, K. 2017 Application of MALDI Biotyper to cyanobacterial profiling. Rapid Commun. Mass Spectrom., 31, 325-332.
Strain(s): 738910210310711229861180880983584398910251043105810711099164216521672 
PubMed: 27862451
DOI: 10.1002/rcm.7793

Tuji, A., Niiyama, Y. 2010 Phylogenetic study by the morphological and molecular analyses of Japanese planktonic Anabaena species. Bull. Natl. Mus. Nat. Sci., Ser. B, 36, 71-80.
キーワード: Anabaena; Anabaena oumiana; culture, Japan, morphology, planktonic; rbcL; rbcX; rDNA; Sphaerospermum oumianum (M. Watanabe) Tuji et Niiyama comb. nov.
Strain(s): 807808820822826163916421643164616511652165316571658166516671668167216731674167716781683169016931694169616971875187818801884188718911894189519041909192019211922192919311934193919421950 

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top