株番号 NIES-981  
門名 Cyanophyta  
綱名 Cyanophyceae 
学名 Cyanobium sp.  
シノニム  
以前使われていた種名 以前はSynechococcus sp.、NIESのDNA解析で再同定[2016 Apr]  
一般名 藍藻 ; シアノバクテリア  
地名(採集年月) 日本 沖縄県 西表島、干立 (1999-07-01)  
緯度/経度  
生息環境(分離源) 海域 (干潟の泥)  
分離後の履歴 ← 手塚尚明  
分離者(分離年月) 手塚尚明 (1999-09-**)  
同定者 MCC-NIESの再同定  
株の状態 凍結保存; 無菌[2015 Dec]; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  ESM  
温度: 20 ℃
光強度: 9-15 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 1 M  
遺伝子情報 Whole-genome ( LT578417 ) , 16S rRNA ( AF448064 ) , rpoC1 ( AF448085 )  
特性 試験株 (Yamagishi, T., et al. 2016) ; ゲノム解読株 (Yamaguchi, H. et al. 2016)  
サイズ (min - max) 1 - 3 μm  
体制 単細胞性 
その他の株番号 その他の株番号:Hos  
注意事項 凍結保存  
動画  
文献
Yamaguchi, H., Shimura, Y., Suzuki, S., Yamagishi, T., Tatarazako, N., Kawachi, M. 2016 Complete genome sequence of Cyanobium sp. NIES-981, a marine strain potentially useful for ecotoxicological bioassays. GenomeA, 4, e00736-16 (article ID).
Strain(s): 981 
DOI: 10.1128/genomeA.00736-16

Yamagishi, T., Katsumata, M., Yamaguchi, H., Shimura, Y., Kawachi, M., Koshikawa, H., Horie, Y., Tatarazako, N. 2016 Rapid ecotoxicological bioassay using delayed fluorescence in the marine cyanobacterium Cyanobium sp. (NIES-981). Ecotoxicology, 25, 1751-1758.
キーワード: Algal growth inhibition test; Cyanobium sp.; Delayed fluorescence; Marine cyanobacteria
Strain(s): 981 
DOI: 10.1007/s10646-016-1718-7

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top