クリックすると大きな画像が表示されます
株番号 NIES-1429  
門名 Chlorophyta  
綱名 Prasinophyceae 
学名 Tetraselmis sp.  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 プラシノ藻  
地名(採集年月) 日本 沖縄県 石垣市 石垣港 (2003-12-25)  
緯度/経度 24.341 / 124.134 
生息環境(分離源) 海域 (海水)  
分離後の履歴 ← TKB;  
分離者(分離年月) 岡本典子 (2003-12-**)  
同定者 岡本典子  
株の状態 継代培養; 非無菌; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  f/2  
温度: 20 ℃
光強度: 32-34 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 1 M  
遺伝子情報  
特性 試験株 (小平雅之他 2017)  
サイズ (min - max) - 13 μm  
体制  
その他の株番号 その他の株番号:TKB-083 (nrc059)  
注意事項  
動画  
文献
小平雅之, 松本智彦, 山田雄一郎, 難波信由, 加戸隆介 2017 過酸化水素の植物プランクトン,ワカメ配偶体,シオダマリミジンコ,タテジマフジツボ幼生に対する影響 (Effects of hydrogen peroxide on phytoplanktons, seaweed gametophytes, marine harpacticoid copepod and striped barnacle larvae.) Sessile Organisms, 34, 1-12 (in Japanese with English summary).
キーワード: hydrogen peroxide; marine ecotoxicity; seaweed gametophytes; phytoplankton; zooplankton
Strain(s): 23532458613751429 
DOI: 10.4282/sosj.34.1

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top