クリックすると大きな画像が表示されます
株番号 NIES-1380  
門名 Heterokontophyta  
綱名 Raphidophyceae 
学名 Gonyostomum semen (Ehrenberg) Diesing  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名  
地名(採集年月) 日本 茨城県 北茨城市 水沼ダム (2004-07-07)  
緯度/経度 36.848147 / 140.673539 
生息環境(分離源) 淡水 (水)  
分離後の履歴 ← TKB;  
分離者(分離年月) 中山剛 (2004-07-**)  
同定者 中山剛  
株の状態 継代培養; 非無菌; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  AF-6  
温度: 20 ℃
光強度: 14 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 2 M  
遺伝子情報 18S rRNA ( AB512123 ) , CO1 ( KP230755 )  
特性 赤潮形成 ; 独立栄養  
サイズ (min - max)  
体制 単細胞性; 鞭毛性 
その他の株番号 その他の株番号:TKB-132 (nak26)  
注意事項 輸送時の衝撃に弱い  
動画  
文献
Lebret, K., Tesson, S. V. M., Kritzberg, E. S., Tomas, C., Rengefors, K. 2015 Phylogeography of the freshwater raphidophyte Gonyostomum semen confirms a recent expansion in northern Europe by a single haplotype. J. Phycol., 51, 768-781.
キーワード: Gonyostomum semen; ITS; LSU; phylogeography; raphidophyte SSU
Strain(s): 100913801808 
PubMed: 26986795
DOI: 10.1111/jpy.12317

Yamaguchi, H., Nakayama, T., Murakami, A., Inouye, I. 2010 Phylogeny and taxonomy of the Raphidophyceae (Heterokontophyta) and Chlorinimonas sublosa gen. et sp. nov., a new marine sand-dwelling raphidophyte. J. Plant Res., 123, 333-342.
キーワード: Chlorinimonas sublosa gen. et sp. nov.; Phylogeny; Raphidophyceae; Taxonomy; Ultrastructure
Strain(s): 558138018081809 
PubMed: 19946727
DOI: 10.1007/s10265-009-0281-1

Hamana, K. 2008 Cellular polyamines of phototrophs and beterotrophs belonging to the lower eukaryotic phyla Cercozoa, Euglenozoa, Heterokonta and Metamonada. J. Gen. Appl. Microbiol., 54, 135-140.
キーワード: cyanobacteria; homospermidine; polyamine; spermine; thermospermine
Strain(s): 9157186118253323330333548603621622100210031011104413031380144014431444 

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top