クリックすると大きな画像が表示されます
株番号 NIES-286  
門名 Euglenozoa  
綱名 Euglenophyceae 
学名 Euglena mutabilis Schmitz  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 ミドリムシ ; ユーグレナ  
地名(採集年月) 日本 茨城県 高取川 (1984-12-11)  
緯度/経度  
生息環境(分離源) 淡水 (底泥)  
分離後の履歴 ← 須田彰一郎  
分離者(分離年月) 須田彰一郎 (1984-12-12)  
同定者 須田彰一郎  
株の状態 継代培養; 無菌[2013 Jan]; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  AF-6  
温度: 20 (25) ℃
光強度: 10-17 (15-19) µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 1 M (14 D)  
遺伝子情報  
特性 生物指標  
サイズ (min - max) - 63 μm  
体制 単細胞性; 鞭毛性 
その他の株番号  
注意事項 無菌  
動画  
文献
Hamana, K., Sakamoto, A., Nishina, M., Niitsu, M. 2004 Cellular polyamine profile of the phyla Dinophyta, Apicomplexa, Ciliophora, Euglenozoa, Cercozoa and Heterokonta. J. Gen. Appl. Microbiol., 50, 297-303.
キーワード: Apicomlexa; Cercozoa; Ciliophora; Dinophyta; Euglenozoa; Heterokonta; norspermidine; polyamine
Strain(s): 12286304331381387463 
PubMed: 15747233
DOI: 10.2323/jgam.50.297

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top