クリックすると大きな画像が表示されます
株番号 NIES-1435  
門名 Chlorophyta  
綱名 Prasinophyceae 
学名 Unidentified coccoid prasinophyte  
シノニム  
以前使われていた種名  
一般名 プラシノ藻  
地名(採集年月) 日本 鹿児島県 奄美大島、佐仁 (2000-06-**.)  
緯度/経度  
生息環境(分離源) 海域 (海水)  
分離後の履歴 ← TKB;  
分離者(分離年月) 吉井幸恵 (2000-07-**)  
同定者 吉井幸恵  
株の状態 継代培養; 非無菌; 単藻; クローン  
培養条件
(前培養条件)
培地名:  ESM  
温度: 20 ℃
光強度: 32-34 µmol photons/m2/sec,  明暗周期: 10L:14D
継代培養周期: 2 M  
遺伝子情報  
特性  
サイズ (min - max) - 6 μm  
体制  
その他の株番号 その他の株番号:TKB-025 (YY-01)  
注意事項  
動画  
文献
Fukuda, S., Iwamoto, K., Atsumi, M., Yokoyama, A., Nakayama, T., Ishida, K-I., Inouye, I., Shiraiwa, Y. 2014 Global searches for microalgae and aquatic plants that can eliminate radioactive cesium, iodine and strontium from the radio-polluted aquatic environment: a bioremediation strategy. J. Plant Res., 127, 79-89.
キーワード: Algal phytoremediation; Bioaccumulation; Radiopollution; Radionuclide elimination; Radioactive cesium; The Fukushima 1 Nuclear Power Plant accident
Strain(s): 243671155160203233246329333391405417440487503529531538548553587597727805843859931995100310121015101710311044104512591326133113771382138814111435143914401441144214581728182618311833184018461862186519562131214421462147215021752176218522682325234123522377241124122437285428552856285828592860 
DOI: 10.1007/s10265-013-0596-9

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top