分譲株の培養については培養法 微生物株取り扱いについて(初心者用) を参照ください。

1. 分譲にあたっての同意事項

国立研究開発法人国立環境研究所微生物系統保存施設(以後NIESコレクションと記す)は、 以下の事項に同意していただいた方に培養株を分譲します。

(1) NIESコレクションから分譲された微生物培養株、それを増殖させたもの及び由来物(DNAを含む。以後培養株等と記す)は教育、試験、研究及びその他国立環境研究所が認めた目的であり、公共の安全が保証される目的にのみ使用できます。人に直接使用することはできません。有毒株の場合、利用者は使用の際に、分譲された培養株が有毒物質を生産する株であることを認識し、その国、自治体、機関等の法令や規則を遵守しなければなりません。利用者は使用中の管理に責任を持ち、使用後は培養株を オートクレーブ等で死滅させ、由来物については適当に処理しなければなりません。また、有毒株と明記されていない場合も、利用者は使用の際に、分譲された培養株に潜在的な危険性があることを認識し、その国、自治体、機関等の法令や規則を遵守しなければなりません。

(2) 分譲を希望する場合は、利用者本人が分譲依頼書を提出してください。

(3) 培養株等に関する知的所有権等が、分譲によって利用者へ与えられるものではありません。また、利用者は、知的所有権等に関する本研究所の規定、規則などに従わなくてはなりません。

(4) 利用者が分譲時に示した使用目的から大幅に異なる目的に使用する場合、利用者はその旨を 分譲責任者に書面で連絡しなければなりません。

(5) 利用者は分譲された培養株等及びそれを増殖させたものを第三者に分与または販売することはできません。ただし、国立環境研究所が特に認めた場合はその限りではありません。

(6) NIESコレクションから分譲された株を利用した成果を発表する場合、番号の前に必ずNIES-をつけた株番号を記し
(例:NIES-123)、国立環境研究所微生物系統保存施設に保存されている株であることを明記してください。分譲された株を利用して論文発表した場合は別刷りまたはコピーを2部、分譲責任者に送付ください。

(7) 分譲された培養株等の使用が第三者の知的所有権やその他の権利を侵害していた場合、 利用者は利用者の責任によって対処しなければなりません。

(8) 利用者が本同意書に違反したとき、分譲責任者は NIESコレクションから分譲された微生物培養株とその由来物の利用を停止することができます。

(9) 分譲された培養株等が、欠点、危険な特性、不具合等を有している可能性があること、あるいは特定の目的に合致しているとは限らないことを認識し、分譲された培養株等の利用によって 損失が生じた場合は、利用者は、利用者自らの責任で処理しなくてはなりません。

(10) 利用者は、培養株を受領後、1ヶ月以内に 微生物株受領報告書( PDF/ Word)を分譲責任者に提出しなくてはなりません。 輸送中の環境条件の変化などにより、その時点で増殖状態が悪い場合、利用者は分譲責任者に無償で再分譲を要求することができます。 ただし、分譲責任者はその期間内であっても、利用者の過失に対しての責任は負いません。

2. 株および培地の注文方法

2-1. 株の注文

株の分譲を依頼される方には、分譲依頼時に 「利用者確認シート」( PDF/ Word) を提出していただいております(所属機関が変わった場合、再度ご提出ください)。 微生物株分譲依頼 兼 同意書原本 2部と一緒にご送付ください。

オンライン注文

オンライン注文後、分譲依頼 兼 同意書原本2部を1ヶ月以内にご郵送ください。1ヶ月以内に届かない場合、ご注文をキャンセルとさせて頂くこともありますのでご留意願います。

1. 株の確認・注文ボタンで注文

2. 注文内容を確認

3. 分譲依頼者情報の入力

4. 「微生物株分譲依頼書兼分譲にあたっての同意書」の確認と注文内容の送信

5. 「微生物株分譲依頼書兼分譲にあたっての同意書」2部の印刷と送付

1. 株の確認・注文ボタンで注文

image
1.1
注文したい株を
[株リスト・アルファベット順]
[株リスト・分類群別]
[保存株の検索]
から探します。

*詳しい株情報については、NIES株番号(青字)をクリックしてください。保存株情報に掲載されていない株の色や状態については、当施設まで個別にお問い合わせください。
1.2
株を追加する場合は、注文したい株の注文欄の カートに追加する ボタンを押します。

1.3
追加した株を除外したい場合は、除外したい株の注文欄のキャンセルボタンを押します。
1.4
注文する場合、またはカートの中身を閲覧する場合は、注文内容を確認するボタンを押します。

2. 注文内容を確認

image
2.1
利用区分、所属区分を選択してください。
2.2
株番号、学名、注意事項等を確認してください。
2.3
「株の利用目的・内容」を記入し、次へボタンを押します。

*「株についての要望・問い合わせ」について
以前、対応したことのある事項についても間違い防止のため、注文の都度、記入してください。

<記入例>
・株の状態を知りたい(どのような株が欲しいか具体的に記入してください。例) 円石を形成している株が欲しい)
・寒天培地(または軟寒天培地)ではなく、液体培地に移植した状態で欲しい
・凍結解凍株を寒天培地に移植した状態で欲しい (凍結保存中の寒天培地株のみ対象)
・株の発送時に請求書を同梱して欲しい
・事前の見積書等の各種事務手続きが必要なため対応して欲しい(必要な手続きについて詳しくご記入ください)
・郵送した「微生物株分譲依頼書 兼 同意書」2部が到着した連絡が欲しい
・おおよその納期を知らせて欲しい

3. 分譲依頼者情報の入力

image
・リピータの方
e-mailアドレス、パスワードを記入して次へボタンを押します。
・新規登録者の方
依頼者情報を記入して次へボタンを押します。
の項目は必ず入力してください。
分譲株の送り先と請求先が異なる場合、「請求先が上記機関、住所に異なる」にチェックを入れ、請求先情報をご記入ください。

4. 「微生物株分譲依頼書兼分譲にあたっての同意書」の確認と注文内容の送信

image
4.1
注文内容、分譲依頼者情報を最終確認してください。依頼者情報を変更する場合は、 依頼者情報を変更する ボタンを押して、依頼者情報を編集してください。
4.2
「保存株の分譲にあたっての同意事項」をお読みください。この同意事項に同意していただいた方に分譲いたします。
4.3
注文内容を送信する ボタンを押すと注文完了です。登録されたメールアドレスに注文内容を記入したメールが届きます。

5. 「微生物株分譲依頼書兼分譲にあたっての同意書」2部の印刷と送付

image
image
株の分譲にあたっての同意書を印刷する ボタンを押し、 同意書を 2部 印刷し、署名、捺印の上、下記の宛先まで郵送してください。

依頼者が学生、非常勤職員などの場合は、指導教官、雇用者の署名、捺印もお願いいたします。


なお 株は署名捺印された依頼書兼同意書原本2部の到着確認後でないと 発送できません ので、この点くれぐれもご注意ください。
    宛先: 〒305-8506 つくば市小野川16-2
            国立環境研究所   微生物系統保存施設
            Tel :029-850-2556

郵送による注文について

郵送による株の注文も受け付けています。

ダウンロードのページから 「微生物株 分譲依頼書 兼 同意書」 をダウンロードして 2部印刷し、2部とも以下の宛先に郵送してください。提供機関で署名した後、1部を依頼者宛に返送します。依頼者が学生、非常勤職員などの場合は、指導教官、雇用者などから依頼するようお願いします。
株は署名捺印された 「微生物株分譲依頼書 兼 同意書」原本2部の到着確認後でないと発送できませんので、この点くれぐれもご注意ください。
なお、発送までに時間がかかることがありますので、十分な余裕をもって申し込んでください。
請求書作成についての留意点、請求にあたっての必要書類などがありましたら、それについても記載してください。

宛先

〒 305-8506
茨城県 つくば市小野川16-2
国立環境研究所微生物系統保存施設
Tel :029-850-2556 Fax:029-850-2587
メールはこちら(連絡先



2-2. 注文した株の受領報告書について

微生物株を受け取った方は、受領後1ヶ月以内に 「微生物株受領報告書」( PDF/ Word)に必要事項を記入し、上記の宛先にファクス、郵送、または電子メールで連絡してください。

2-3. 培地の注文

オンラインの注文ページはありません。「 培地分譲依頼書」( PDF/ Word) に必要事項を記入の上、PDF添付の電子メール(または郵送、ファクス)でご注文ください。 分譲依頼者が学生、非常勤職員などの場合は、指導教官、雇用者などから依頼してください。
培地の発送には2週間ほどかかることがありますので、十分な余裕をもって申し込んでください。
ご注文は1種類の培地につき2ユニットまででお願いします。 分譲可能な培地は、 分譲可能な培地およびメタル溶液一覧を参照ください。 寒天培地は試験管入りのみの分譲です。
培地はメタル溶液を含むすべての栄養素が入った状態で滅菌されており、希釈する必要はありません。
微生物株の培養に使用している培地は保存株情報に記載されています。

3. 株および培地の価格と支払い

3-1. 価格

分譲物 単位 内容 分譲価格
大学・国公立の研究機関等の非営利団体 その他
培養株 1本 約10mLの培地に植込んだ状態 10,000円 20,000円
ボトル入り培地 1ユニット 約2L(1L×2本) 10,000円 20,000円
試験管入り培地 1ユニット 約10mLの培地入り試験管10本 10,000円 20,000円
メタル溶液 1ユニット 約125mL 10,000円 20,000円

この他に消費税及び 郵送料がかかります。
教育目的で使用する場合は 6. 教育目的で利用する場合をご参照ください。
国立環境研究所職員、客員研究員、共同研究員に対しては、培養株は無料で分譲します。培地については、少量の場合(試験管数本程度)は無料で分譲に応じますが、大量の場合は分譲を行っていません。



3-2. 支払い

請求書は、微生物株の送付後1ヶ月以内に別途送付されます。請求書に示されている支払期限までに、請求金額を指定された振込み先に振り込んでください。 振込み手数料は利用者負担です。

見積書・納品書・領収書につきましては よくある質問をご参照ください。

4. 分譲にあたっての注意事項

4-1. 輸送時の衝撃に弱い または 輸送時の温度変化に弱い株の分譲について

ホームページの保存株情報や検索結果の“注意事項”に “輸送時の衝撃に弱い” “輸送時の温度変化に弱い”と記されている株、 あるいは保存株リストの“Remarks”に “Fragile species to transportation stresses” “Fragile species to temperature changes ”と記されている株は、 輸送中に細胞が壊れやすく、不具合の生じやすい株です。原則、当施設までとりに来ていただくことが望ましい株になります。 なお、郵送をご希望される場合は、株が生きて届かない場合もあることをご了承の上、ご注文ください。


4-2. 不安定な株の分譲について

ホームページの保存株情報や検索結果の“注意事項”に “不安定”と記されている株、あるいは保存株リストの“Remarks”に “Unstable ”と記されている株は、 生育が不安定になりやすい株で、植え継ぎ操作や培養条件の変化等の影響を受けやすいため、培養に注意を払う必要があります。“輸送困難株”と同様に、原則、当施設までとりに来ていただくことが望ましい株になります。 郵送をご希望される場合は、株が生きて届かない場合のあることをご了承の上、ご注文ください。不安定株は、当施設におきましても生育が不安定なため、届いた株が不良だった場合でも、すぐに分譲できないことがあります。 また生育不良や死滅により、分譲できなくなってしまうこともあります。


4-3. 凍結保存株の分譲について

微生物系統保存施設ホームページ保存株情報の保存状態、検索結果の注意事項、あるいは保存株リストの“Remarks”に “Cryopreserved (凍結保存)”と記されている場合は、凍結保存されている株を解凍後、培養してからの発送となりますので、 株の発送までに1ヶ月くらい要する場合があります。
なお、通常寒天培地で保存されている株であっても、凍結保存は液体培地で行われるため、解凍後の分譲株は液体培地に植え込んだ状態で発送いたします。 寒天培地に植え込んだ株をご希望の場合は別途ご連絡ください(更に時間を要することになります)。
凍結保存法について


4-4. 有毒物質を生産する株の取り扱い

現時点で有毒物質を生産することがわかっている株は、微生物系統保存施設ホームページ保存株情報の特徴、検索結果の注意事項、あるいは保存株リストの“Remarks”に “Toxic (有毒)”と記されています。この表示を確認し、使用目的が有毒であることと関連する場合はもとより、関連しない場合でも、有毒株であることを認識した上で使用してください。
なお、これまで使用お願いしていた「有毒株分譲依頼書 兼 同意書」は廃止しました。同意事項の中に有毒株に対する注意・遵守事項を含めましたので、有毒株を注文する場合も 「微生物株分譲依頼書 兼 同意書」を使用してください。


4-5. TISTRと共有する株の取り扱い

保存株リストの“Other collection strain no.” にTISTRが付いた株番号が記されている株は、タイ国立科学技術研究所(TISTR)と共有している株です。 タイ産の株については、教育および研究目的で使用する場合に限って分譲しています。


4-6. 1993年以降採集された外国産株の取り扱い

1993年1月以降に外国より採集された株については、リストに掲載されていても生物多様性条約に関連して当面分譲を見合わせているものがあります。 分譲依頼に際しては必ず保存株リストで産地をご確認ください。


4-7. 寒天培地で保存されている藻体の形態について

当施設では、植え継ぎ期間を長く設定するために、寒天培地または軟寒天培地で培養している保存株があります。こうした保存株の中には、 液体培地で培養されているときと異なる形態を示すことがありますが、液体培地に戻して培養することで、正常な形態に戻ります。
その他の形態については よくある質問をご参照ください。

5. 国立環境研究所の職員、客員研究員、共同研究員への分譲

「微生物株分譲依頼書 兼 同意書」 2部に必要事項を記入し、署名捺印のうえ所内便で送付するか、微生物系統保存施設のスタッフに直接渡してください。
オンライン注文でも受け付けています。 その場合でも、「微生物株分譲依頼書 兼 同意書」 2部を必ず提出してください。
客員研究員および共同研究員の方は必ず国立環境研究所の受け入れ職員とその所属部署を必ずご記入ください。

6. 教育目的で利用する場合

教育目的(以下の表を参照ください)で微生物株を利用する場合は無償で提供します。 保有設備や微生物の取扱い経験等を確認させて頂くために、 「利用者確認シート」( PDF/ Word) を微生物株分譲依頼 兼 同意書原本 2部と一緒にご送付ください。 また、利用後に所定の 「微生物株受領報告書 兼 教育目的利用のアンケート」( PDF/ Word)の提出をお願いします。

教育目的に該当する活動 教育目的に該当しない活動
小、中、高等学校での授業や大学での学生実習 「大学の卒業研究や修士・博士課程の研究」は研究目的(非営利団体)となります。
公的機関、非営利団体が行う展示や研修 「生物部等のサークル活動」の場合、利用目的と利用者確認シートの記入内容を確認の上、分譲の可否をご連絡いたします。

<留意事項>
オンライン注文の場合は、利用区分の教育目的を選択してください。 郵送でのご注文 の場合、一般用の「微生物株分譲依頼書 兼 同意書」のファイルを使用して、研究目的欄に教育目的と明記の上で、教育内容の詳細について記述ください。 分譲依頼書は必ず先生または指導教官がご記入ください。生徒および学生からの依頼はお断りいたします。

教育目的で利用される方は、 分譲にあたっての同意事項を必ずお読みください。特に以下の点にご注意ください。

分譲本数は基本的に1株につき1本までとさせていただいております。 教育目的での利用に培地が必要な場合は、分譲依頼の際にご相談ください。1ユニット以上の培地が必要な場合は、有償となることがあります。

走光性や鞭毛運動の観察を行う場合は、寒天培地ではなく、液体培地で培養している株を選択してください。

長年の継代培養で、細胞形状が変化することや群体性のはずが群体でなくなることなどがあります。 事前にご相談頂ければ、目的に合った株に関する情報をお知らせします。

※本ホームページに掲載されている情報,写真,図表の無断掲載を禁止します。

page-top